たまには風変わりなものも食べたくなる

11月 8th, 2013 by

お節料理というと、新年をお祝いするだけではなく、三が日台所の火や主婦を休ませるための料理という意味でもあるので味付けが濃く、日持ちができるようにしているらしい。
けど、毎年同じような料理だと、正直言って飽きてしまうのもあるのよ。
 
それで、来年の新年を祝うための食事をちょっと違う感じにしようかと思っているけど・・・その案を帰省先の実家に提案をしてみたら、案の定「何で?」という返事が返ってきて、続けて「別にいつも通りでいいよ」ということで、この案は見事に潰れてしまいました~(泣)
確かに、お節料理を主に食べるのは両親だけど私も食べるので、たまには違うものでもいいと思ったんだけどね・・・(汗)
やっぱり変化球を好まない年配世代には、洒落た食べ物よりも長年愛しているお節料理の方が良いのか。
まあ、栗きんとんやだて巻きは大好きなので、外せない気持ちは分かるけど・・・、もう少し頭を柔らかくして柔軟にして欲しいと願うのは、子供の我がままなのかしら?

Posted in: 未分類 |

Comments are closed.